2011年07月24日

お誕生日色々_1

キィ&クゥ

我が家は4月から7月にかけてお誕生日がいっぱい。
まずは最近ので7月17日はキィとくっちゃんの4歳のお誕生日でした。
気がつけばキィがいなくなってから、もうすぐ1年になるんだなーと。
先日ネコのお友達から、ネコは自分の歳がわからないから長いとか短いとかも
わからなくて、精いっぱい生きたか、愛されたかどうか・・・
そんな感じのことをお話しして、なんかちょっと幸せな気持ちをいただきました。

キィくんのことをブログに書くつもりはなくて、
自分と自分のアビたち、オーナーさん、自分の繁殖に関わってる人くらいが
わかっていればいいのかなと思っていたのですが、メモてきに。
(文字多いです。)

キィくんが調子を崩した最初、軽い貧血が見られました。
溶血性貧血でした。PKDの検査はデイビス(アメリカ)でしてもらっていて、
一応陰性だったけど、例えば両親がキャリアじゃなくても、
じーちゃん、ばーちゃんがキャリアだった場合は発症する確率があったり、
そもそもの検査結果は70%なので、30%の確率で発症する可能性があったりなので、
PKDを疑ったのですが、PKDは発症した場合に腎臓にダメージがあるため、
腎臓の数値に多少なりとも変化があって(初期は変化が見られない場合もあり。)
発症した場合は腎不全のような経緯を辿ります。(歳が若いと進行も早いです。)
キィは腎臓のダメージはなく、肝臓にダメージがありました。
この場合FIPを疑って、調子を崩したときとMAXに具合が悪くなったときの2回、
FIPの確定診断をしてもらって、結果は発症したウィルスは認められず、
原因はさっぱり。(確定診断も100%ではないそうですが。)

その後獣医さんだったり、色々な方のご協力のもと、
キィの病名は確定して、それらが発症する原因、治療などはわかりました。
4歳未満で発症するケースが多く、(とくに3歳前後と避妊去勢手術後に多い)
FIPを併発して発症してしまうケースもあるが、この場合予後が非常に悪い。
避妊去勢をしていない猫、過度のストレス、アレルギーがある猫、
ワクチンに対して副作用がある猫、発症する2〜1か月以内くらいにワクチン接種をした
猫、避妊去勢または外科的手術後に発症するケースが多い。

初期の段階は軽度の貧血、または肝臓の数値が悪い。(どちらが先でも)
貧血に重点をおいて治療した場合、一般的なプレトニゾロンでも良くなる場合もあるが、
その後症状が進んだ場合、投与したステロイドの効果が切れるまで他のステロイドを
投与できないので、タイミングと症状の変化に注意が必要。
(肝臓へのダメージが大きい場合はどちらを優先するか悩みどころ。)

進行が進むと重度の貧血、肝臓の数値も非常に悪い。
重度だけど処方する薬を間違わなければ、予後は良い。
(その後病気と向き合っていくため薬の投与が長期的に必要。)
軽度でも重度でも血小板の数値が下がった場合、容体が急変することがあり。
(実際キィは血小板の数値が急激に下がってから容体が急変しました。)
遺伝性は現段階では認められていないが、猫の症例が国内ではほとんどないので、
海外データを参考に見守りたいと思っています。

病名や薬の処方、予防策は書きません。
リンクの時にIBDという病名を初めて知って、その後獣医学が進んだのか、
原因がわからない下痢に対して何でもIBDと診断しちゃえなのか・・・
FIPも確定診断ができるようになったといっても、原因がわからないものはFIPと
しちゃう獣医さんも多く、キィの病名もFIPじゃない、
じゃあこっちとなるような感じの病名なんです・・

ちなみにFIPを発症させないできる範囲の予防は、子猫の時に下痢をさせない、
過度にストレス(とくに子猫の間)を与えない、です。
私は当初、調子が悪くなる少し前にキィにハードカラーをつけて、
動きづらそうにしていたので、それが原因でFIPを発症したのかも、と思いました。
(まわりから、それはないだろう・・と言われたけど、原因なんてわかんないし、
抗体価数値もあてにはならないし・・※交配前にした検査は100以下でした。)
でもFIPじゃないってことと、具合もかなりよくなってきていて、
ご飯もちゃんと食べてくれていたので死ぬなんてこれっぽっちも思いもしませんでした。
だからキィくんの死を受け入れるまでにとても時間がかかりました。
「たら」「れば」がぐるぐる。
でもキィの死を無駄にしないように、ここ(ブログ)で少し触れて、
色々と計画していることがあるので、少し忙しい日々を送っています。

お誕生日はケーキ買って、プレートに2ニャンのお名前入れてもらっちゃいました。
多分来年も、再来年もずっと・・
アイちゃんもハニーも、めいちゃんも4歳おめでとう♪
アイちゃんとハニーのママからほぼ同時刻にメールがきて、びっくりしました☆
キィが知らせてくれたのかな^m^


可愛いアビシニアンがいっぱい! アビシニアンブログランキングへ。



 


posted by Mina at 04:28 | 東京 ☁ | きぃくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

I miss you

keycaps_1.jpg

keycaps_2.jpg

keycaps_3.jpg

keycaps_4.jpg

keycaps_5.jpg

keycaps_6.jpg

keycaps_7.jpg

keycaps_8.jpg

keycaps_9.jpg keycaps_10.jpg

keycaps_11.jpg

keycaps_12.jpg

keycaps_13.jpg

keycaps_14.jpg


たくさんのメール、そして飾りきれないほどのたくさんのお花をありがとうございました。
皆様の温かいお気持ちに、ただただ感謝するばかりです。
本当にありがとうございました。

「どうして?」「なんで?」頭の中はそれだけがグルグルしています。
でもだいぶ落ち着いて、なんだかんだと忙しくしています。

キィは家で生まれて、私の手で哺乳をしながら育てました。
おかっぱで帽子被ってるみたいだからってCAPを混ぜてKeyCaps。
一緒に生まれたクリオちゃん、ハニー、アイちゃん、めいちゃんが上手に離乳食を
お皿から食べることができるようになって、キィだけが上手に食べれなくて、
ちょっと怒りながら「ママ、ボク上手に食べれないからママが食べさせてー!」って。
思い出すのはその光景ばかりです。
思えば成長しても私が手やスプーンであげるものはいつも美味しそうに食べてくれました。

人の手で育つととても人懐っこくなると言いますが、本当にその言葉どおりに、
キィとクリオちゃんは他のみんなとちょっと違いました。
よく似てるけど、キィの方がとても感情がストレートでマザコン。
手のひらサイズだったキィ。3歳のお誕生日は3.8kgでした。
かわいくて、かわいくて、私は甘えん坊で人懐っこいキィが大好きでした。
早くにクリオちゃんを去勢したせいか、とても仲が良くて、
旅立つ前の日は2匹で寄り添って寝ていました。
クリオちゃんがキィにもたれかかっていて、キィが重いよ〜!って顔をしていたので、
場所を交換してあげて、クリオちゃんはペロペロとキィを舐めてあげていました。
いつもの微笑ましい光景でした。

女の子のお部屋を覗きに廊下を走っていても、私が呼ぶとちょっと困った顔して、
私のところに戻ってきて、ジャンプしてスリスリ・ゴロゴロ。
私はヨダレでいつも左肩がベタベタになっていました。
ガシッと肩をつかむ手、呼ぶと必ずお返事をしてくれて側に駆け寄ってくる姿が可愛くて。
キィ??と呼んでもお返事がないことがさみしくて、さみしくて仕方がありません。

来年去勢をして、のんびり家で過ごそうねって言っていたのに、
こんなに早く逝ってしまうと知っていたなら、もっと伸び伸びさせてあげたかった。
これからもっと一緒に楽しく遊んで、私と数十年一緒だと信じて、
それを疑ったことなど1度もありませんでした。
家で一番運動神経がよくて、いつもピンクの肉球が真っ赤になるまで遊んで、
それが冷たくて真っ白になってしまいました。
ふわふわで温かいキィの感触が恋しくて、あんな性格の子はもういない・・・
良くなるって思っていたから、キィにちゃんとお別れができていません。
いっぱい好きだよ〜!って、いっぱい、いっぱい抱きしめて言ってあげたいです。
何も伝えてないし、まだまだしてあげたいことがたくさんあって、
何度も何度もキィの名前を呼び続けてしまう毎日でした。 ダメですね☆
亡くなったあの日、キィは私の腕で私の顔を、私の目を見て、
ゆっくり、ゆっくり静かに眠るように旅立っていきました。
お友達が「ママ、大好き」って言ってたんだねって、そう言ってくれて、
なんだかちょっと心が救われる気がしました。ありがとう。

ただ泣いてばかりの私にそっと、ずっと側にいてくれたERIちゃん、
キィに会いに来てくれたお友達、メールやお花を下さった皆様、本当にありがとうございました。
キィの調子が悪いということを知って、猫の神社の絵馬とお守りを送って下さった
れおんぱぱさま、ままさま。
相談に乗っていただいてサプリメントを送って下さったりんぽぽさま、
そしてオーナーさんの皆さま、温かいメールとお写真、そしてお花など、
本当に本当にありがとうございました。

オーナーの皆様に、キィに発覚した病気のことを書き記しました。
遺伝性の疾患ではないと現段階では言われています。
また、ネコ白血病ウィルス感染症 (FeLV)・ネコ免疫不全ウィルス感染症
(猫エイズ・FIV)・猫伝染性腹膜炎(FIP) などのウィルス性のものでもありません。
ですがブログで公開ということでもないので、パスワード制になっています。
連絡しますが、返信がなかったら携帯のメールにご連絡下さい。



2010_1128_04.jpg

たくさんのお花、本当にありがとうございました。


2010_1128_05.jpg

ERIちゃんがキィにぴったりだからって向日葵のお花と、
ご飯、おやつもカップに入れてもらって、
そして私のお気に入りの写真と一緒に旅立っていきました。

キィ? また、会えるよね?


 
posted by Mina at 17:28 | 東京 ☁ | きぃくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

神様、キィを返して下さい。

今日、キィが旅立って行ってしまいました。
私はその現実を受け入れられないでいます。
回復の兆しも見えてきて、昨日は自分でご飯を食べて、テケテケ歩いて、
呼べばお返事もしたのに。
だから今日も、いつもと変わらない朝が来ると思っていました。
でも眠るように私の腕の中でゆっくりと旅立って行ってしまいました。

本当はオーナーの皆様、メールをいただいた皆様に個別にご連絡したいのですが、
自分の気持ちの整理ができず、ブログでご報告させていただきます。
すみません。


 
posted by Mina at 17:56 | 東京 ☀ | きぃくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。